皆様こんにちは。

いや~な梅雨に入ってしまいましたね。

 

今日は先日契約後に一人ランチで新橋の某珈琲屋さんに入った時の怖~いお話です。

隣に若いサラリーマン風の男性が座っていました。

その後いかにもザ!不動産屋さんみたいな男性がその若い男性の前に座り、待ち合わせをしていたようです。

 

私はランチのパスタを食べていたところ、隣の男性二人が投資用マンションのお話を始めました。

最初、若い男性は「やはり妻も産休に入るし、僕も会社を辞める予定だから、今回は見送りたいです。」と切り出しました。

「奥様に購入お祝い金100万円をお渡しすることは話しました?女はお金を貯める、男は増やすんですよ、こんな良い物件ないですよ!!リスクはありますが・・・」と神奈川県の投資用マンションを淡々と進め、女はお金を貯める??男は運用して増やす?????とその後も必死の勧誘。

 

100万円のプレゼントってそれで手付金でしょうがぁと思いながら横で話を聞いてましたが、最後に必ずリスクはありますが。。。とつけるのです。

もうすぐ会社を辞めると言っているのに、賃借人が出たら、自分たちが住めば良いとか、そんなワンルーム家族3人住めるわけないだろうがぁと。

 

騙されちゃダメ、騙されちゃダメと念を隣で送りましたが、私もランチが終わり、次のアポもあったので、その店をあとにしましたが、その後あの青年は買わされてしまったのか、気になるばかりです。

 

現実このように買わされているんだなとびっくりしました。

以前も若いお兄さんが手付金1万円で投資用マンションを買わされて、重要事項説明書を見せてもらったら、ハチャメチャでご本人はだれが賃借人かもわからず蓋をあけたら、サブリースでその意味も分かっておらず、売却したくてもさせてもらえず、賃貸の契約でもないのに手付金1万円で何千万もの投資用を買わされている。

 

本当に怖い世界です。

私が言うのもなんですが、不動産屋は怖いです。

皆様も騙されないようお気を付けください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る