こんにちは、REDSリフォームの沢井です。

 

今回は建築士の資格について書いてみたいと思います。

 

《一級建築士》

一級建築士は国土交通大臣が免許の交付を行い、建築物の設計を許可しています。一級建築士には規模の制限が無く大規模な建物まで設計できるので、住宅のような小規模な建築物だけでなく、体育館やドーム、学校などの公共建築物も設計できます。

 

一級建築士には上位資格である構造設計一級建築士と設備設計一級建築士という資格があります。構造設計と設備設計という専門性の強い職能に対しては、一級建築士を取得したのち、実務経験を5年積むことで、この資格の受験資格を得ることができます。

構造設計一級建築士とは、一級建築士でも構造設計を専門に担当している設計者のことです。現在、日本の建築基準法では大規模な建築物の設計には、意匠を担当する一級建築士の他に構造設計一級建築士が関わることを義務付けています。構造設計一級建築士を取得すれば、構造設計者として多くの大規模建築物に関わることができるため、仕事の機会やデザイン性に優れた建築物を担当することが多くなります。

設備設計一級建築士とは、設備設計を専門に担当している設計者のことです。構造設計一級建築士と同様に、設備設計一級建築士を取得すれば、設備設計の専門家として大規模建築物の設計に多く関わることができるようになります。

 

《二級建築士》

二級建築士の免許は都道府県知事が交付します。二級建築士は小規模な建築物のみ設計することが許されていますが、世の中には大規模な建築物よりも住宅のような小規模な建築物の方が多くの割合を占めています。そういった意味では、二級建築士を取得することで、住宅設計の専門家としての道を歩むことができるともいえます。

 

《木造建築士》

二級建築士と同列の資格として木造建築士という資格が存在します。その名の通り、木造建築物を専門に設計することが可能です。二級建築士と同様に学科試験と製図試験に合格する必要があります。木造建築士を取得すれば、日本に多く存在する木造住宅の専門家として活躍することができます。

 


 

一級建築士を持っていれば規模の制限が無いため、法律的には木造住宅の設計をしてもいい事になります。しかし、実際にはそれが出来る技量を持ち合わせている人は少ないのです。その理由は大規模建築を専門としているため、住宅の設計の経験や木造の設計の経験が少ないからです。一般的な住宅ならば二級建築士であっても、普段扱っている人の方が安心できると思います。もちろん一級建築士でも普段の業務が住宅メインなら何ら問題ないと思いますが、規模が小さい建築物は一級建築士である必要がないのです。また、木造住宅でいえば、独特の構造確認方法である壁量計算・4分割法・N値計算などは二級建築士や木造建築士の方の方が詳しい場合が多いのです。

 

小規模なリフォームについては、建設業や建築士の資格がなくても行うことができますので、建築士でない方が営業やプランニングを行っている場合も多いのが現実です。特にマンションリフォームや設備リフォームなどを行う小規模な会社には建築士がいないケースもあるでしょう。また、デザイナーズリフォームを行うデザイナーも建築士でない場合もあります。建築士のランクでなく、担当の方の知識やセンスや相性などで選べば良いと思います。

 

建築士の資格を車の運転免許に例えると

一級→普通免許

二級→原付免許

みたいなものなので

乗ってもいいというだけで、原付バイクに上手く乗れるかはその人次第です。

 

私は遥か昔に業務を遂行するうえで仕方なく独学で二級建築士の資格を取得しましたが、最近では独学で取得するのは至難の業のようで、ほとんどの人が資格学校に通って取得しています。実務で学ぶ事よりも、机上での知識が優先されるようですが、そのため比較的時間に余裕のある独身女性の取得率が非常に高くなっています。

 

渋谷スタジオへは↓↓↓↓↓クリック

東京都渋谷区渋谷3-10-14長崎堂ビル8階

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る