ご案内等で商店街を歩くことが多く、新規のお店が開店しているのが目に止まってしまいます。

お店を出店して、商売をされる方には、店舗開発が非常に重要な意味を持っています。

ただ紹介されるだけでお店を構えると半年後には撤退することが・・

「路面店」でなければ駄目な商売や「空中店舗」でも商売のやり方次第によっては様々利益が出るお店も

撤退していく店舗の業種と今までの経験上ここは駄目という場所に出店して、数年でドル箱店舗に変えていくお店があります。

だいたいそういうは、お店は10年後に上場するような企業に成長します。

ただ街を歩くだけでそのお店の10年先が見える藤ノ木でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る