前回は平均家賃相場が高い区についてご紹介しましたが、逆に平均家賃相場が高くなっている区もありますので、できるだけ安い物件に住みたいという方にはそういった区を避けていただくためにも、平均家賃相場が高い区を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

平均家賃相場が高い区としては、港区、千代田区、中央区、渋谷区、目黒区などを挙げることができ、中でも港区は23区内でもダントツ、12万円前後となっているなど、驚異的な数字が見られました。
そうそうたる区名が並んでいる通り、これらの区はやはり平均所得なども高くなっているので、「家賃」という概念にこだわりのない方が多くいらっしゃるのかもしれません。

 

もちろんこれらの区に住むことによって得られる交通アクセスや生活の便などの恩恵は大きく、一種のブランド性にまで昇華しているという面すら見えるほどで、だからこそこれだけの価格・人気を誇っているのでしょう。
金銭的に余裕があり、かつこういった一等地に一度は住んでみたいという思いがある方にはおすすめの区となっていますので、そういった方は検討してみることをおすすめしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加