生活拠点をどこにするのかということは、学校やオフィスなどがどこにあるのかということが重要になることは多いですが、23区内のように交通機関が充実している中では、物件そのものの賃料などを鑑みてあえて遠目の位置に家を借りる方も少なくはないものです。

 
そこで今回は、そういった方々に参考にしていただくためにも、平均家賃相場が比較的安くなっている区を紹介していきたいと思っていますので、「23区内で、家の条件には妥協せずできるだけ安い物件に入居したい」とお考えの方は、ぜひご覧くださいね。

 

 

平均家賃相場が安くなっている区としては、葛飾区、足立区、江戸川区、練馬区、板橋区などを挙げることができ、これらの区は平均家賃相場が7万円以下程度になっており、物件条件次第ではかなりお得な生活をすることが可能かもしれません。

 

特に1位の葛飾区は、平均家賃相場が6万円程度とかなり安めになっているうえに、犯罪発生率に関しても2.3位の足立区に比べるとかなり良い部類に分けることができるなど、かなり良い土地として見ることができそうです。

 

しかし、交通機関に関しては、都心に比べると若干劣るところがありますので、利用する交通機関などはしっかり検討したうえで葛飾区に住むという選択をしたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る