(公財)不動産流通近代化センターは、第4期「宅建マイスター養成講座」を開催します。
受講者は「重要事項説明、取引の安全確保、価格査定」の3科目について、100超のケーススタディを学習すると共に、
集合研修にて100超のケーススタディにより、実践的ノウハウを体得するんです。
受講資格は、宅地建物取引主任者の資格登録後、実務経験5年以上であること。(わたくし25年強でございます。)
通信教育受講後、集合研修(3日間)の最終日に修了試験を受け、すべての科目に合格すると「宅建マイスター」に認定されます。
はい、わたくしももちろん「宅建マイスター」に認定されております。
皆さま、不動産のことでしたらお気軽にご相談いただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る