少し前にも書き込みましたが、「宅地建物取引主任士」のお話です。
皆さまご承知のように、不動産業に従事している方々は必須アイテムです。
それが来年4月に予定されている宅地建物取引主任者の「宅地建物取引士」への名称変更に伴い、
協会会員の高い業務倫理の確立を図るのと同時に、「不動産キャリアサポート研修制度」の受講促進を目指すそうです。
具体的には、会員に対して都道府県宅建協会が主催する研修会や、不動産キャリアサポート研修への積極的な参加を求めるほか、従業員に対してもこうした研修会への受講を促すよう明記した。倫理規定違反については特別研修や警告、戒告、退会勧告といった処分を行なう旨も盛り込んでいるそうです。
確かに倫理向上は勿論ですが、高い知識力、判断力、経験力なども必要ですよね。
日々精進、川口頑張っております。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る