皆様こんにちは。

やっと本格的な冬に突入した感じですね。

これからは寒い毎日が続きそうです。

 

さて弊社には毎日多くの購入の仲介手数料査定の反響があります。

その中でせっかくお問い合わせいただいた物件でもご紹介できないことが多々ございます。

なぜなら、お問い合わせいただいた物件が止められているからです。

売出し中にも関わらず、売主仲介業者担当が色々な理由をつけ、物件を案内させてくれません。

 

今まで下記内容で案内を止められたことがあります。

 

・週末売主様の都合が悪い。

・売主様は1か月程海外に行かれてる。

・これからハウスクリーニングに入るので1か月程案内を止めている。

・売主様が体調悪くしばらく案内を止めている。

・申込が入っている。

・売主様のお子様が受験中なので案内はしばらくできない。

・売主様が出張中で案内が出来ない。

などなど。。。

 

上記の理由があるなら、売主様は売りに出すでしょうか?

 

 

一か月後無くなっていませんよね?と問いただすと「はい」と答えながら、物件が無くなっている。もしくは価格が下がっている。

 

高い価格でお家を預かり、本当は案内依頼が多々あるのに案内がないのでと価格をさげてさらに物件を止める。

 

正直私も以前の会社ではなるべく売主買主から仲介手数料を取るようにするというのは暗黙の了解でした。

 

囲いこみのせいで、弊社にお問い合わせいただいたお客様のお手伝いできないことが多々あります。

 

大手中小関係なく不動産会社はほぼ99%囲い込みをしているのが現状です。

早く国土交通省も動いて、このような両手仲介がなくなり、健全な不動産業界になることを願うばかりです。

 

弊社REDSは囲いこみは一切行いません。
弊社には物件紹介のHPもなく、お客様と媒介契約後すぐに業者間レインズにすぐに掲載し情報を公開します。

 

弊社は売主様だけ、買主様だけのどちらか一方のお客様の為だけに一生懸命動くエージェント集団です。

 

皆様からのお問い合わせおまちしております。

 

 

 

 

 

 

 

※2019年2月13日から仲介手数料の料金体系が変更になりました。詳しくはこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る