地震保険が値上がりするそうです。
以下抜粋。
政府と損害保険各社は、地震保険の新規契約の保険料を2014年7月をメドに、
平均で15%程度値上げする見通しだ。

巨大地震発生のリスクを保険料に織り込むためで、値上げは1980年以来2回目。
15年以降に再値上げを検討する。
相次ぐ値上げは、地震保険の加入にブレーキをかける懸念もある。

地震保険は、保険金を政府と民間の損保会社が分担して支払うが、
東日本大震災では、保険金の支払いが1兆2000億円を超えた。

将来の震災発生リスクが高まったことを踏まえ、
損保各社でつくる「損害保険料率算出機構」は、これを保険料に織り込む。
新規契約のほか、すでに契約している人の保険料も契約更新時に上がる。

現状の地震保険も高額ですが、
地震大国の日本じゃしょうがありませんかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る