不動産登記には、建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積、所有者等が記載されています。

 

法隆寺の金堂や五重塔などの歴史的建築物も、一般の建物と同じように建物の登記があります。

 

金堂は以下のように登記されているそうです。

・所在:生駒郡斑鳩町法隆寺山内873番地

・家屋番号:90873番の1

・種類:金堂

・構造:木造瓦葺重層建

・床面積:283.07㎡

・原因及びその日付:年月日不詳新築

 

また、五重塔は付属建物として、種類:五重塔、構造:木造かわらぶき五層建、床面積:116.36㎡と登記されているそうです。

 

構造の重層建や種類が金堂・五重塔という登記は珍しいと思います。

 

他に珍しいものには、東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンの建物登記の種類「スプラッシュマウンテン」というものがあります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る