こんにちは。

本格的な梅雨入りになって憂鬱な季節になりましたね。

不動産業でこの時期は雨の案内など、とても辛い時期です。

 

このところよく、他業者に囲い込みをされています。

案内の予約をしても一向に連絡が来なかったり、売主業者に連絡をしても何時に戻りますと聞いてその時間に電話をしても、また出かけてしまいました、と担当者が一向に捕まらない。

ひどいときは何日も繋がらないことが多々です。

 

どうしても直接反響のお客様で売主買主から3%ずつ、合計6%の仲介手数料を取ろうとする会社が多いのが現状です。

 

他社のお客様が満額の金額で申し込んでも売主担当業者に直に来たお客様が指値をしていても、満額のお客様の事は売主に伝えず、自社に来たお客様の事だけを優先して伝え、売主様からすると、本当は満額のお客様がいたことを知らず、売主業者から言いくるめられ、売主業者はホクホク6%の手数料を取る。

悲しいことにこれが不動産の現状です。

 

他のエージェントもブログに書いていますが、「両手」か「片手」かが問題であって、個々の買主売主の条件は後回しです・・・

 

私が受け持った売却のお客様は3か月以上大手2社を変えながらで専任で売りに出していましたが、中々案内も入らず、写真も真っ暗な写真を掲載しており、不審に思ったお客様が弊社にお問合せをしてきました。

 

そして弊社では、物件を正常に流通させることに主眼を置いた販売手法で案内が毎週のようにくるようになりました。

他社から今まで、他の不動産屋が預かっていたときは、売主の都合が悪く、案内させてもらえなかったと、驚愕な事実がわかりました。

 

実際は売主様の都合は実際には聞いておらず、預かっていた売主業者の完全な囲い込みで他社のお客様には紹介しないということ。

 

売主様にとっては大変な迷惑というか、ひどいお話でした。

 

弊社では一切囲い込みはいたしません。

 

皆様からのお問合せお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る