お客様の専属エージェント、不動産流通システムREDSの渡部(わたなべ)です。

本日の記事では価格交渉できる金額を考えてみます。

マイホーム購入は価格の大きなお買い物になりますから、
少しでも住宅ローンの負担額を減らすために
なるべく安く買いたいと思うのは当然のことだと思います。

そこで、よくある質問…
「どれくらい下げられると思いますか?」に回答いたします。

私も長い間この仕事に従事していますので、
大きな価格交渉も通してきた経験はあります。

例えば…

1億3,000万円 ⇒ 1億300万円
5,680万円 ⇒ 5,000万円
4,480万円 ⇒ 4,000万円 などなど。

これを見ると、じゃあ、ウチの物件も大幅値下げしてよ!
と言われてしまいそうですが、大きな値下げが成功したのは
ミニバブル崩壊時、東日本大震災後、
売主様の決算期、売主様のやむを得ない事情などの
特殊事情があった場合になります。

通常は、物件価格の5%を超える金額で交渉しますと
そのままシュレッターにかけられてしまったり、
怒られてしまう可能性が高いと言えます。

そのため、売主様が価格交渉に応じてくれる
可能性があるかどうかの感触を掴み、
まずは交渉の土台に乗る金額を探る必要があります。

その感触次第で100万円未満の部分を狙うのか、
5%に近い金額を狙うのか、
もっと大きな金額を狙うのかを考えています。

・ご内覧件数がとても多い。
・既に住宅ローンの審査を進めている人がいる。
・明らかに相場より安い。
・物件が出ないエリアの希少物件。

など、人気物件であることが判明しましたら、
物件を抑えることを優先して
価格交渉しないことを お勧めすることもよくあることです。

安く購入することばかりに意識を取られず、
そのマイホームを手に入れたことで得られる
家族の笑顔も考えて判断した方が
幸せな結果になると思っています。

最後に価格交渉の“限界値”を“参考”に書いておきます。
3,000万円台なら100万円+端数
5,000万円台なら200万円+端数
7,000万円台なら300万円+端数
このあたりが一般的な物件での交渉限界値かと思います。

何度も言いますが、“目安”ですから、 この点はご了承くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る