いくら借りられるか?

 

=年収により決まります。

house_1f

ここで言う年収は、一般的には税込みの年収

会社員の方は源泉徴収票の「支払金額」

 

自営業の方、会社員でも確定申告している方は、確定申告の「所得の合計」もしくは「課税される所得金額」

*金融機関や申告の内容により変わります。

この部分の金額を基に計算していきます。

ここで専門用語「返済比率」の登場です。

 

返済比率=年収にたいして、住宅ローンの返済が占める割合

 

を計算していきます。

簡単に言うと、「あなたの年収なら、年間○○○万円までローンの返済に充てて良し」

と言う金額を導き出します。

これも金融機関によって取扱いに差がありますが【年収の30%?40%】

昨今人気のフラット35の系統は一般的に

年収400万円以下は30%

年収400万円以上は35%

 

銀行のローンは年収400万円以下は30%?35%

年収400万円以上は35%?40%  *金融機関により異なります。

ここから導き出される金額を÷12して【月の返済額】にします。

例えば

 

≪年収 410万円の方≫

 

?フラット35系(返済比率35%)⇒410万円×35%÷12ヶ月=約11万9583円

 

?銀行ローン(返済比率40%)⇒410万円×40%÷12ヶ月=約13万6666円

≪年収 390万円の方≫

 

?フラット35系(返済比率30%)⇒390万円×30%÷12ヶ月=9万7500円

 

?銀行ローン(返済比率35%)⇒390万円×35%÷12ヶ月=11万3750円

こんな計算になります。

既にお気付きの方もいると思いますが、年収の差は20万円、月収に換算すると1万6666円程度の収入の差しか有りませんが、「返済比率」で計算すると、フラット系・銀行系いずれも、2万円以上の差が出てきます。

 

住宅ローンのご利用をお考えの方・・・年収400万円は一つのボーダーラインです。

 

 

ここで焦って、

 

月々の返済額×1年(12ヶ月)×35年(借入期間)=借入可能額とするのは間違いです。

 

この月の返済額は元金だけでなく、金利分も含めた返済額ですので、上記の様な計算

では利息0%での計算になってしまいます。

?

少し長くなってきたので続きはまたの機会に

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る