住宅金融支援機構は18日、「2014年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】
(第1回)」の結果を発表しました。
2014年6月に民間住宅ローン利用予定者1,024件を対象にインターネット調査をしたものです。

希望する住宅ローン金利タイプは「全期間固定型」が32.3%(14年2月調査比5.6ポイント減)と減少。
「固定期間選択型」が42.9%(同4.7ポイント増)と増加、
「変動型」は24.8%(同0.9ポイント増)で微増だそうです。

今後1年間の住宅ローンの金利見通しについては、「現状よりも上昇する」が41.7%(同0.3ポイント減)と
最も多く、「ほとんど変わらない」は38.0%(同4.9ポイント増)と前回に比べて増加。
「今は住宅取得のチャンス(買い時)だと思うか」の問いに対して「そう思う」と回答したのは、
42.2%で前回調査の34.0%から大幅に増加したそうです。
買い時だと思う理由として、「住宅ローン金利が低水準だから」(72.0%)、
「消費税率引き上げ前だから」(38.4%)が、前回調査と比較しても回答率が高かったそうです。

 また、住宅取得時に特に重視するものについては、「耐震性能」58.7%(同7.8ポイント増)と
前回と同様最多となり、続いて「価格・費用」56.4%(同10.6ポイント増)、
「耐久性」30.0%(同3.8ポイント増)といずれも前回調査よりも割合が上昇しているそうです。

皆さま、どうぞご参考ください。
やっぱり物件動いてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る