こんばんは。

何やら最近の経済指標では、アメリカ経済の立ち直りが明確になり、今年の秋か来年の春には、アメリカでは「利上げ」が始まるんじゃないかと言われてます。

景気が良いのは結構な事なのですが、ジャブジャブの金融緩和が終了するので、金利が上がります。

 

で、このアメリカの「利上げ」の影響が日本の金利にも影響すると、当然「住宅ローン」の金利も影響を受けます。

どれ位の大きさの影響を受けるのか、それはいつ頃なのか、おそらく誰にも分かりません。

 

今までは「変動金利」を迷わず選択していた人達も多かったのですが、

これからは「金利上昇」の大きさとペースを考えないと行けませんから、判断が難しくなって行きますね。

(現在に比べて、今後は「フラット35」を選ぶ方が増えそうですね)

 

「住宅ローン」を選ぶのは、「マイホームそのもの」を選ぶのと同じ位重要な事ですから、

これから住宅を購入される方は、ますます住宅ローン選びを慎重に行う必要が有りそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る