年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
永岡 祐昭ながおか ひろあき

住宅ローン減税 今の制度を見直しへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年12月3日

こんにちは、12月(師走)に入り、急に寒くなってきましたが風邪など

ひかれていないでしょうか。

昨日、住宅ローン減税に関するニュースがテレビ、新聞で発表されました。

内容は以下のとおりです。

今の制度を見直し、控除する額を、年末時点のローン残高の1%か

その年に支払った利息の総額の少ないほうとする。

来年度から、住宅ローン減税の対象を、今の床面積50平方メートル

以上の物件から、40平方メートル以上に拡大する。

この2点のなかで私が注目したのは専有面積50㎡以上から40㎡以上

に拡大するという制度です。

以前、女性向けのコンパクトマンション(50㎡未満の1LDK、1DK)

を販売していた時期がありました。

その時に思ったことですが
1.ローン控除が適用されない、
2.登記費用が高い(登録免許税の軽減が受けられない)
3.不動産取得税が高い(軽減措置がうけられない)

等々、同じ住宅をローンを組んで買うのに何で

こんなに差があるんだろう?と思ったことがあります。

 

新しい制度によって住宅ローン控除の恩恵を受けられる方が増える

ことにより、来年は「40㎡~50㎡」の少しこぶりなマンションの

需要が向上するかもしれません。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る