年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
金森 健司かなもり けんじ

住宅ローン減税1%→0.7%に引き下げへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月13日

残念ですが、来年度の税制改正でローン残高の1%としてきた控除率が

0.7%に引き下げとなってしまうようです。

控除の期間は、新築住宅では13年間、中古住宅は10年間です。

控除対象の借り入れ限度額については、令和5年の入居分までは、

1.省エネやバリアフリーなどに配慮した「認定住宅」の場合

  5000万円

2.一定程度、省エネに配慮している場合は性能に応じて

  4500万円か4000万円

3.それ以外の住宅は

  3000万円

となります。

令和6年と令和7年の入居分からは
1.「認定住宅」は

  4500万円

2.一定程度、省エネに配慮している場合は、性能に応じて

  3500万円か3000万円、

3.それ以外の住宅は

  2000万円限度額を引き下げとなります。

 

対象者の所得要件は、現行3000万円以下から2000万円以下に

引き下げとなります。

詳しい要件については、まだ確認は必要です。

 

住宅ローン減税でお戻りが減ってしまうと思われた方は、REDSの

仲介手数料最大無料は変わりませんので、ご安心くださいませ。

 

余談ですが、今年住宅ローン減税の対象の方は、2022年2月16日

(水)~2022年3月15日(火)までに確定申告が必要となりますので、

お忘れなくお手続きをしてくださいね。

私もそろそろ準備に入ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る