こんにちは、REDSの水谷です。

 

不動産を購入される場合、物件価格以外に諸費用がかかります。

 

大きいものですと登記費用や金融機関の保証料、それに仲介手数料ですね。

 

細かいものでは、売買契約時や金銭消費貸借契約時の印紙代、金融機関の事務手数料、固定資産税の清算金などがあり、諸費用合計金額の目安としては物件価格の7%~10%くらいになります。

 

しかし、REDSでは仲介手数料が大幅割引また最大無料ですから、諸費用がかなり軽減されますので、他社で諸費用のお見積りをされたお客様から「REDSならいくらになりますか?」とご相談をいただくことが多いです。

 

そんな中、他社の諸費用見積書でよく目にするのが「住宅ローン事務代行手数料」

金額は会社によって色々ですが、だいたい10万円前後で見積もりされています。

 

でもね、これ払う必要ないんですよ。

 

違法な行為ではありませんが、わかりやすくいうとオプションみたいなものなので、「料金がかかるなら住宅ローンは自分でやります」と断れます。

 

不動産会社によっては「うちが提携している銀行なら審査が通りやすいですよ」など理由をつけて請求しているみたいですが、どの不動産会社で購入されても審査の基準は変わりません。

 

それに今や住宅ローンの種類は2000以上とも言われており、金融機関によって金利優遇や保証料などサービスが差別化されてますから、どの金融機関の住宅ローンを利用するかを選ぶのはお客様の自由です。

 

そもそも、不動産を購入される方の大半が融資を利用されます。

 

不動産購入の仲介を依頼された以上、購入資金の調達までサポートさせていただくのが当然。

 

REDSでは、別料金でお請けする業務ではありません。

 

仲介手数料が無料でも、REDSなら安心して不動産を購入していただけるようサポートいたしますので、不動産購入をご検討の際には是非ご相談ください。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る