金の家

菅野です!

今回は住宅ローンについて少しだけ書いてみます。

弊社に来られるお客様は、かなりいろいろ勉強されている方が多く、住宅ローンについてもよくご存知でいらっしゃいます。

金利の低いネット銀行の住宅ローンを検討されるお客様も多くいらっしゃいます。

ただ、ネット銀行の住宅ローン利用には注意が必要です。

 

1,事前審査の確度が低い

実店舗のある銀行と比べ、本審査時に借入可能金額が減額されることが非常に多いです。

これは、事前審査時に申込者から貰う情報量の差にあるようです。

 

2,実店舗のある銀行よりも借入に時間がかかる

審査は書類を郵送して申込をします。

実店舗のある銀行が、7日~10日ほどで審査完了するのに比べ、ネット銀行は私の体験上、2~3週間ほどかかることが多いです。

また、審査が通った後でも、ローンの契約、更には融資実行までの期間も、実店舗のある銀行に比べ大幅に長くかかる場合が多いです。

 

3,審査手続きに手間がかかる

審査は書類を郵送するのですが、それを揃えるのは申込をするお客様になります。

実店舗のある銀行よりも多くの書類を要求されることが多く、手間が多くかかります。

 

4,「保証料がかからない」に注意

「保証会社保証料」がかからないことを謳っているネット銀行が多くありますが、代わりに「事務手数料」が同じ位かかる場合があります。

また、「保証会社保証料」は、繰り上げ返済時に借入期間短縮をした場合にお金が戻ってくる場合があるのに比べ、「事務手数料」は全く戻って来ません。

 

5,問い合わせが面倒

主な問い合わせはメールで行います。

電話での問い合わせは可能なようですが、サポートセンターのような形での対応のため、待たされたり、その場で回答が得られない場合があります。

 

以上、ネット銀行の金利は非常に低く魅力的ですが、考えるべき点も多くあります。

実店舗のある銀行の中では「信託銀行」がもっとも金利が低いようですので、こちらも併せて検討されるのが良いかと存じます。

メリット、デメリットをご説明のうえ、お客様に一番良いローンのご提案をさせて頂きます。

住宅ローンのご相談も、ぜひ不動産流通システムREDSの担当までお問い合わせください。

 

 

 

私のGoogle+サイトです。宜しければご訪問ください。

菅野洋充

REDS株式会社不動産流通システム菅野洋充

不動産購入、売却、その他いろいろなご相談承っております。

仲介手数料最大無料のREDS 不動産流通システムをぜひご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る