お客様の専属エージェント、不動産流通システムREDSの渡部(わたなべ)です。

2月・3月は繁忙期を迎えるはずの不動産業界ですが、
今年の3月はかなり動きが悪いという話を聞いています。

23区の大手・中堅会社の営業さんとの会話で、
「正直、暇じゃないですか?」という話題が結構出ていますし、
銀行も例年より時間にゆとりがあるようで、
「なにか案件はありませんか?」と電話がかかってきました。

本当に、なぜ、こんなに動きが悪いのでしょうか…
今回は明確な理由がわからなくて
私たち不動産屋さんは少し困っている状況です。

REDSも動きがあまり良い状況とは言えませんから、
売却活動中のお客さまは慌てて価格を下げるのではなく
不動産の動きが悪くなっているということを考慮して
お考えいただければと思います。

不動産価格がそろそろ下がり始めるという話もありましたが、
一次的な可能性もありますので冷静に判断してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る