昨日で、秋葉原で起きた無差別殺傷事件から5年経ちました。

事件の風化が懸念されるなどという報道もありましたが、現場には献花があり、合掌している方も多く見受けられました。

今は、歩行者天国も再開されていますが、以前のような賑やかなパフォーマンスは禁止されて、歩行者を警官が監視しているような状況です。駅前ではパフォーマンスしている方もいらっしゃったので、歩行者天国だけ禁止しても仕方無いのではとも思うのですが、一度そういったことが起こってしまうと、規制が厳しくなるのも致し方ないのかもしれません。

私は秋葉原という街が割と好きで、大学生の頃からちょくちょく来ていましたが、今は少し落ち着いてきたというか、勢いが落ちてきたような気がします。事件の影響だけでは無いのかもしれませんが、以前のアングラだけど明るい秋葉原に戻って欲しいな、と思います。犠牲者の方々に合掌。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る