23区内でも人気の地は多いものですが、その人気を支える理由の多くは「交通アクセス」によるものが多くなっていますが、今回は中野区にある中野駅の利便性がどの程度優れたものであるのか、ご紹介していきたいと思います。

 

中央線、東京メトロ東西線の2線が利用できる中野駅ですが、2線と聞くと、23区内の充実した駅のラインナップを見ていると頼りないようにも聞こえますが、乗り換えを駆使すれば、この路線の少なさはそれほど気になるものにもなりません。

まず最初に中央線について見ていきますが、中野駅は快速はもちろん、特別快速も停車する駅となっていますので、通勤時間帯であればなんと2?4分ごとに電車が中野駅に来るという便利さを大きく実感できる日も近いことでしょう。

 

同様に、東京メトロの東西線では2?5分ごとの乗車を見込むことも可能になりますし、なんといっても東京メトロ東西線における始発駅が中野駅であるというのは、座席に座ることができる可能性を大きく高めますので、長距離移動の可能性が高い人にとっては嬉しいことですよね。

始発駅であるということは、終電駅であるということにもなりますので、帰り道でも乗り過ごしの不安を防ぐことができるというのも嬉しいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る