(株)東京カンテイは18日、2015年1月の三大都市圏中古マンション70平方メートル換算価格推移を発表しました。
同社データベースにあるファミリータイプ中古マンションの売り希望価格を行政区単位に集計。
70平方メートル当たりに換算して算出した。
首都圏は2,899万円(前月比0.1%上昇)で5ヵ月連続の上昇を記録。一方で上昇率は鈍化しており、ピークアウトの兆しも見え、地域別にみると、東京都3,953万円(同0.2%上昇)、神奈川県2,458万円(同0.7%上昇)、埼玉県1,846万円(同0.4%下落)、千葉県1,834%(同0.1%上昇)となりました。
東京が7ヵ月連続の上昇、神奈川、千葉が2ヵ月ぶりの上昇となった半面、ただし埼玉はここ数ヵ月下落傾向を示しています。
私のお客様もここ数件、購入時より高く売却されています。
ミニバブルのような気がします。
本日のトピックスでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る