今不動産をお探しの方、暑いですが、物件を見て回っていますでしょうか?
見て回るのがしんどい時期ほど、他の方が見ていないため良い物件に巡り合えたりします。

 

今回は、アパートの購入について書きます。
収益を見込むための投資用アパートを購入する際、「地域」や「構造」・「間取り」を見る事は当然ですが、

 

 

①土地から建てる
②建売を買う(業者が新築を建てたもの)
③中古のアパートを買う。

 

さて、どれが良いでしょうか?

 

 

実はどれが良いというのはなく、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

①土地から建てる。
〇デメリット
・選んだ土地に理想の建物が建つかが、すぐに分からない。(設計上、窓の位置や水回りの位置、部屋の大きさ等、後から変更となる事も多いです。)
・個別設計のため設計料や建材費など、建築費が高い。
・予定外に建築費がかかる事もある。
〇メリット
・自分の理想のアパートが建てやすい。

 

②建売を買う。
〇デメリット
・建売物件が、自分の理想の地域、間取り、外観で売り出される可能性は高くない。
〇メリット
・新築アパートが割安で買える。

 

③中古のアパートを買う
〇デメリット
・すでに満室の場合は中を見れない。
・中古のため、細かな設計は見れない。設計図が無い場合もある。
・建物の状態は、見られる部分から判断する。
〇メリット
・すでに入居の状態のため、すぐに家賃が入る。
・入居状態のため、賃料の相場が分かりやすい。
・すでに運用しているため、今後の計算がしやすい。

 

 

簡単には以上となります。
この他に、中古の場合は築年数によって、組める金融機関と金利が変わります。
※こちらは別の機会に書きます。

 

一番リスクが低いのは、すでに運用されている③の中古です。
すでに運用歴があるため、今後の賃料計算はしやすいです。リスクを恐れる方は中古が良いかもしれません。
しかし、調査をきちんと行えば、新築でもすぐに予定賃料で満室にすることもできます。

 

アパート経営は投資の部類ですので、リスクと儲けが常に両立します。
儲けは小さく、リスクも小さくしたいか。
リスクは高めでも、大きな儲けを望むのか。
その方の目的によって、運用プランも様々です。

 

是非ご自身の目的に合った、プランニングをしましょう。

 

アパート売買約100棟の実績がある北山に、是非ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る