お客様の専属エージェント、不動産流通システムREDSの渡部(わたなべ)です。

本日は『不動産のご縁』に関してお話します (^_^)/

私たちが不動産取引のお仕事をしている中で
『不動産はご縁だから。』という言葉を聞くのは、
お客さんが購入をためらっている時が多いものです。

■価格が大幅に下がればご縁があるってこと!
■1か月後まで売れ残っていればご縁があるってこと!
■来月の金利が下がればご縁があるってこと!
などなど・・・

大体、ご主人が購入したくない理由を言う時に聞くフレーズです。

不動産の仕事をしている時、私たちはあまり聞きたくない言葉ですが、
実際、私はご縁はあると思っています。

随分昔の話になりますが・・・

新築3棟現場で更地の時からお客様に検討してもらっていた物件です。

ご主人がなかなかマイホーム購入の決断をできず、
奥さんはとても困ってはいるものの、
大きな借金を抱えることに悩むご主人の気持ちもわかる!
ということで、お話が進みませんでした。

その3棟現場はご予算よりも500万円以上高い物件で、
間取りは1号棟のみが希望を満たしていたのですが、
1号棟は1番陽当たりが良く、価格も妥当なため、
どう考えても1号棟から売れていくだろうな…という感じでした。

ご主人は、上に書いたような言い訳を並べながら、
更地から検討を続け、建物が完成しても購入せず、
200万円値下がりしても、やはり購入の決断をしませんでした。

そして、3号棟が成約になり、
1号棟・2号棟がさらに100万円値下がりました。

その時にお客さんから言われたのが、
『渡部くん、あと200万円下がって、
1号棟が売れ残るという奇跡が起これば購入するね!
だって、ほら、不動産ってご縁だから!!』
という言葉でした。。。。。

もしかしたら、一生購入できないかも…と思いながら、
私の説得ではお気持ちが変わらなかったので、
物件の動きを毎日チェックして
すぐに動ける準備だけしておきました。

そうしたら、奇跡って起こるものですね!!!

お客さんと不動産とのご縁のパワーでしょうか!?
もう1度100万円値下がりして、なぜか2号棟が成約になり、
1号棟がご希望の金額まであと100万円のところまできました!

ここまで来たら、奥さんのためにも頑張らなくては!と思い、
『ダメもとで1号棟にあと100万円の交渉を入れましょう!』と
ご主人に提案してお申込書をいただき、
いろいろな言い訳を並べて
100万円の値下げを勝ち取ることができました。

奥さんからはすごく感謝され、
ご主人も嬉しそうにされていたので、
一緒に頑張って良かったなぁ~~~(*^_^*)と思いました。

ポイントをまとめますと・・・

■周辺相場から見て予算は厳しかった!
■500万円下がれば周辺の物件よりも明らかに安かった!
■陽当たりバッチリの1号棟だけしか間取りが合わなかったのに、
陽当たりが悪い他の号棟から成約になった!
■1号棟は最終的に複数のお客さんが検討していたのに、
1番早く購入申し込みをすることができた!

お客さんは何度も何度も何度も現場を見に行ったそうです。

お家も、この人たちに住んでほしいなぁ~と
思ってくれたような気がしませんか??

購入したくない理由で『不動産とのご縁』という言葉を使うのは
すごく嫌ですけれど、ご縁ってやっぱりあると思います★

さぁ、ご縁を求めて、一緒にマイホーム探しに出かけましょう!
お問い合わせ、心よりお待ちしております m(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る