こんにちは、REDSリフォームの沢井です。

 

世の中にはたくさんのリフォーム業者があります。そんなリフォーム業者のなかには「新築のようになる」「追加費用なし」と銘打ってコマーシャルをしている業者もあります。新築のように見えるか否かは主観の問題ではありますが、実際リフォームでは工事をはじめてから、目には見えない箇所が予想以上に劣化していたり、工事中に不測の事態により予期せぬ費用が発生することがあります。このような場合に、お客様に追加の費用負担が生じることが大きな問題でした。そのため、そのような会社は見積の際には予めリスクマージンを大きくとっています。ある会社では新築は2000万円以上かかるけどリフォームなら50%~70%で出来るとしています。この数字だけでは建物の規模もわかりませんが、1000万円以上のリフォーム工事になるのです。業者にとってはだいぶ安全側の見積になっているのではないかと想像できます。

 

また、ある業者は「下請けを使わない、完全自社施工」と謳っています。本当ですかと疑いたくなります。もちろん材料などは問屋や商社などから購入するのでしょうが、1件のリフォーム工事には大工さんはもちろん、クロス屋さん、畳屋さん、電気屋さん、水道屋さんなどなど沢山の職種の職人さんが携わります。すべての職種の職人さんを、その会社のお給料で雇っているのでしょうか。アフターサービスを担う多能工や工程を管理する監督も必要になるので大変な人件費が必要です。それならある程度は下請業者さんにお願いした方が効率はいいはずです。

 

書き始めるとキリがないのですが、リフォーム業者選びは大切です。派手なコマーシャルやカッコいい言葉に惑わされる事無く、実績のある優良業者に依頼するのがリフォームを成功させる第一歩です。

 

REDSリフォームでは、従前からマンションリノベーションを手掛けていましたので、実績は十分です。私自身も建築業界に40年以上携わり、2級建築士、インテリアコーディネーターなど住宅に関連する様々な資格を保有していますので、何なりとご相談ください。

 

渋谷スタジオへは↓↓↓↓↓クリック

東京都渋谷区渋谷3-10-14長崎堂ビル8階

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る