藤ノ木 裕ふじのき ゆたか

マンションのエアコンの先行配管について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2020年3月27日
公開日:2019年7月13日

中古マンションのご案内をして思うことがございます。

意外と中古マンションにエアコンの室外機の置き場がなくエアコンが付けれない部屋が発生すること。

現在もその様な物件が多数あり、それが市場に流れていることです。

今の新築マンションは当たりませですが、全部屋エアコンの取付箇所があります。

平成ひと桁くらいまでは通路側の部屋に室外機置場がないことが多いです。

そのため通路に室外機が置けずウインドエアコンを設置しているご家庭をお見受けします。

築年数が古いリノベーションであれば通路側のお部屋にもエアコンが設置できるように

売主様が先行でエアコンの配管を施工していただいております。

ただ全てのお部屋が先行配管できるわけではなく室内機から室外機までの勾配が取れるかが問題です。

その問題点や解決方法等も先日色々と伺い検証しました。

次回以降になりますが是非この場で解決方法と施工上の注意をお伝えできればと思います。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る