お客様の専属エージェント、不動産流通システムREDSの渡部(わたなべ)です。

私事ですが、4月3日に購入したマイホームへの引越があります。

家具や家電を購入して、新しい生活をワクワクしながら思い浮かべ、
まだかなーまだかな~と長く待っているつもりでいたら、
気が付けばあと1週間しかないことに気が付きました。

ライフラインの手続きをして、
住民票移転をして、
段ボールに荷物を詰めて、
感じわるい引越屋にイライラしつつ打ち合わせをして…
ちょっぴりヤバイかもです(>_<)

お客さまに「がんばってください!」と言ってきましたが、
自分でやってみると、ホント大変ですね。
1度自分で体験してみましたので
この体験で得た有益な情報をお届けできる気がします。

私は新築マンションを購入したのですけど、
購入時の説明からの変更案内が次から次に届き、
無駄な内容の案内も大量に届き、
これ、不動産取引が初めての人は
全然わからないんじゃないかな?と何度も思いました。

この書類の山、どうするんだろ?

三井不動産でもこんな感じだから、
マイホーム購入してイライラしている人、
実際は相当多いのではないかと推測します。

司法書士・火災保険・引越会社・住宅ローン・設備の営業など
いろんな人に会いましたが、私はかなり辛かったです。

もっと、安心して頼ることができること、
自分の仕事の「慣れ」をお客さまに感じさせないこと、
会話の中でムダに不安をつくらないこと。

初心に帰り、自分の仕事を見つめ直す良い機会になりそうです。

自分の生活を犠牲にすることなく、
もっとお客さま目線の良いサービスを作れないものだろうか…?
しばらく考え込む日が続きそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る