こんにちは!

REDSの押田です。

 

皆さん、「ホームインスペクション」というものをご存知でしょうか。

ホームインスペクションとは、住宅について専門的な知見を有する者(住宅診断士等)が、建物の基礎、外壁等に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化事象及び不具合事象の状況を目視・計測等により行う建物状況調査のことをいいます。

2018年4月から、中古住宅の取引に際して、この状況調査の有無を我々宅建業者が購入希望者に対して説明をすることが義務化されました。

具体的には、売買契約締結前の重要事項説明時に、その建物がインスペクションを受けた履歴があるか否か、ある場合はその調査結果の概要を説明することになります。

 

中古住宅は新築住宅と異なり既に劣化が始まり、物件によって築年数・劣化の度合い・維持管理状況が異なるため、購入希望者が建物を一見しただけでは、その建物がどのような状況であり、どのような不具合が生じているかを判断することは、非常に難しいと思われます。

そこで、専門家による事前の調査を実施しアドバイスを受けることにより、引渡し後のトラブルを未然に防止することができるのです。

 

ただ、このインスペクションの実施は義務化されたものではなく、費用も取引当事者の自己負担であるため、実施するか否かは、取引当事者の自由裁量によるものとなります。

それでも、中古住宅をより安全に、よりスムーズにお取引いただくためにも、ぜひご利用されてはいかがでしょうか。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(9:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る