お湯を沸かしたり、キッチンで火を使う場合、ガスを使いますよね。(オール電化の場合は電気)
通常、ガスは「都市ガス」といい、道路の下を通ったガス管から燃料が供給されています。

 

しかし、東京でも神奈川でもまだガス管の設備が無く、プロパンガスを使用している地域も多くあります。

 

プロパンガスと聞くと、火力が強いけど使用料高い。というイメージで、マイナスのイメージを持つ人も多いと思いますが、実は大きいメリットもあるんです。

 

それは、給湯器のメンテナンスや、給湯器自体の交換費用が無料になるサービスも多くあるからです。
プロパンガスは、中小多くのプロパンガス屋さんがガスボンベを運んでくれますが、そのガスの使用料でガス屋さんは利益を得ているため、
長く自分が運ぶガスを使ってほしいのです。

 

そのため、給湯器のメンテンナンスや交換費用を持ってくれたりするサービスを行っている訳です。

 

 

都市ガスの場合、給湯器は新品に交換すると20~30万円くらいかかりますし、不具合によるメンテナンスや修理費用は1回2万円くらいしますので、
それが全て無料となると、月料金が少し高くついたとしても、トータルではほとんど変わらないか、安くなるケースもあります。

 

突然高額の費用がかかるよりも精神的にはプロパンガスの方が楽かもしれません。

 

 

プロパンガスの家だからと敬遠する人もいますが、このようなメリットから、都市ガスからプロパンガスに変更する人も実は少なくないんです。
住宅にしろ、アパートにしろ、どちらにしてもメリット・デメリットがあり、トータル料金はほとんど変わりません。

 

気にしている方は、是非比較して考えてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る