皆様、こんにちは。

売るときも買うときも仲介手数料最大無料の不動産流通システムREDSの高坂(こうさか)です。

 

サッカーW杯最多の優勝回数(5回)を誇るブラジルでさえも・・・。

準決勝・3位決定戦の2試合で合計10失点。

最後は見ていられませんでした。

準決勝の敗戦(傷)を完全に引きずっていたとしか思えません。

試合開始当初は積極的に前へ行っていましたが、後遺症でしょうか、気持ちと動きがチグハグでした。

一瞬の個人技でやられて、ファールでしか止められず(ファールしたのも準決勝欠場のチアゴ・シウバ)、PKを決められたら反撃するパワーは残っていませんでした。

心技体とはよく言われますが、バランスを崩すと立て直すのは容易ではないことをまざまざと見せつけられました。

ブラジルは、今大会若手中心でチームを作ってきました。

ドイツはバランスよくベテランと若手が融合しています。

オランダはロッベンをはじめ、ベテランが活躍しました。

アルゼンチンは、戦術はメッシと言い切るほどのワンマンチームにみせかけて、固い守備力を誇ります。

ブラジルにもそんなベテラン(経験豊富な)選手がいたら・・・(出たたられば)。

 

 

仕事も一緒ですよね。特に営業マンにとっては・・・、明日は我が身の思いで見てましたwww。

こわいこわい。暑いはずなのに鳥肌がたったのはここだけの話です。

今日が良くても悪くなったときに立て直せるかどうかが大切ですね。

 

 

今日は、早く寝て起きるか、寝ないで起きてるか・・・。←寝ろよ

ドイツ圧倒的有利なはずなのに、どっかでもしかしたらと思わせる選手(メッシ)がいるアルゼンチンに期待しちゃいます(判官贔屓かな)。

ドイツ強いですよね。穴を見つけるのが大変・・・ww。

 

今日(明日)で寝不足の日々ともさよならかな。

 

それでは、またお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る