(独)住宅金融支援機構は2月3日、成立した平成26年度補正予算において、
フラット35をはじめとする融資制度の拡充を行なうと発表しました。
フラット35については、「フラット35」Sにおける当初5年間(特に性能が優れた住宅については当初10年間)
の金利引き下げ幅を現行の年0.3%から年0.6%に拡大します。
また「フラット35(買取型)」の9割超融資について、
現行、9割以下融資の場合と比べて上乗せしている金利を引き下げるそうです。
住宅融資保険については、一般の住宅ローンや「フラット35」との併せ融資等を対象とした
住宅融資保険の保険料率を0.15%程度まで引き下げる(つなぎ融資は対象外)そうです。

いずれも平成27年2月9日資金受け取りから適用されます。
ますます不動産市場が活発に動きそうです。
皆さまお申し込みはお早めに、お気軽にご相談ください。私、川口がお手伝いいたします。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る