1棟のビルを購入したいと思った事はありますか?

 

アパートやワンルームマンションは、サラリーマンにも人気が高く、所有している方も多いため、管理は難しくないイメージですが、ビルはどうでしょうか?

 

ビルの管理も基本的にはアパートと同じです。
部屋に入居者を入れて、共用部分を管理して、賃料収入を得る事です。

 

 

その中で、ビルがアパートと違う点は、

 

まず入居者が一般の方の居住ではなく、店舗や事務所が入ります。
それはイメージが付きやすいかと思いますが、事業のために入居をしますので、当然オーナーとしては滞納や夜逃げ等をリスクと考えます。
そのため、事業者の人物も当然ですが、業種や業績にも注意して入居審査をすることになります。
アパートの場合は、正社員の方でなくても親等の保証人がしっかりしていれば問題ない事が多いので審査も楽ですが、
ビルの場合は事業のため賃料が居住用よりも高額になりやすく、保証人がいても払いきれるかが問題になるため、審査が慎重になります。

 

逆に、事業が軌道に乗っていれば、アパートやワンルームのように2年程度で出ていくことはあまりないため、安定した収益が長い期間期待できる大きいメリットもあります。

 

 

次に管理ですが、なんといっても共用部分のランニングコストが高くなります。
特に電気代です。
当然、電気の看板は必要になりますから、その電気代と、室内も広い範囲で朝から夜までつけっぱなしとなるでしょう。
また、設備にも電気を使用するため、電気代はかなりのものとなります。
そのため、ある程度の規模となると、キュービクル(高圧受電設備など)を設置する必要があり、このランニングコストがそれなりにかかってきます。
その保守・メンテナンスも必要となります。

 

そして、エレベーターのランニングコストです。
こちらも電気・メンテナンスにそれなりのランニングコストが必要となりますので、こちらも確認しましょう。

 

 

以上が簡単なアパート等の居住用とビルの事業用の運用の違いになります。
なにやらビルは大変そうですが、賃貸経営で一番大切なのは、効率よく収益を得る事です。
ランニングコストがかかる分を計算し、アパートよりも安定して高い収益が見込めれば、それは投資物件として優れていることになります。

 

また、入居審査やビルの管理は専門の管理会社がありますので、基本的には全て委託するため、実は手間はそれほど変わらなかったりします。
そのため、ビルオーナーとして成功している方も大勢いらっしゃるのも事実です。

 

良い売りビルがありましたら、注意事項を確認したうえ、是非検討してみてはいかがでしょうか?
1棟収益物件の売買100棟以上の実績、私北山までお気軽にご相談ください。

 

大手と同じ仕事で仲介手数料は半額です!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る