前回までに引き続き、今回も台東区のエリアにあるタワーマンションの周辺環境のご紹介です。
台東区の中でも前回までは「アーバンドック パークシティ豊洲」、「Wコンフォートタワーズ」と、豊洲エリアのご紹介でしたが、今回メインに扱うのは有明の「ブリリア有明スカイタワー」です。
お台場があることでも有名な有明は、高級なイメージをお持ちの方が多いように人気の街で、タワーマンションも多く建っています。

 

 

 

豊洲にも言えたことですが、やはり海辺にある街というのは、独特の魅力を持っていますよね。
特に有明は積極的に緑が整備され、豊洲以上に自然を感じる事ができるでしょう。
少し歩けばフジテレビがあることで有名なお台場海浜公園に出ることもできますし、何と言ってもマンションのすぐ裏には有明テニスの森があります。
東京の中にはたくさんの都市がございますが、ここまで海と緑を感じられる街は有明だけではないでしょうか。

 

 

 

周囲に商業施設が少ないのが気になるところかもしれませんが、スーパーは多少物価が高いのが気になりますがマンションの1階部分に文花堂があるので、大きな問題ではないでしょう。
ショッピングをしたいときには、豊洲まで出てららぽーとに向かうのが良いでしょう。
豊洲までは、電車でわずか5分の距離です。
買い物内容によっては、お台場の方に出てダイバーシティに行くのも良いですね。
この場合、徒歩や、荷物の量が気になる場合は自転車などで気軽に出かけれらるのが有明の良いところでしょう。都心への移動の場合は、例えば銀座へは東京メトロで約10分で移動できます。

 

 
また、お台場エリアには観光スポットを回るレインボーバスというものが出ているのですが、これで便利に利用する事ができます。
品川駅行きと田端駅行き、二つの路線があるので、少し遠出をしようというときには、有明駅以外にもこのバスの利用を検討するのも良いでしょう。
上記二駅に行くには、意外かもしれませんがこのレインボーバスが最も早く移動できます。
お台場以降は観光客も多く乗車していないので、一度利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

 

また、有明自体に国際展示場や有明テニスの森、少し歩けばフジテレビなどがあることもあってか、比較的治安が良いのも魅力的です。
夜に出歩いている人はそれほど多くありませんが、街灯がしっかり設置されているので、夜道をそれほど心配することもないでしょう。

 

 

さて、そんな有明ですが、ご存じの方も多いかと思いますが、2020年のオリンピックのメイン会場は有明として企画が進んでいます。
このため、これからますます開発が進み、豊かな生活ができるようになるのでは、という声をよく聞くものです。
オリンピック開催時には、お祭りのような街の雰囲気をどこよりも近く感じられますし、会場の規模や設計次第では、開会式や閉会式の盛り上がりをご自宅の中からでも感じられるようなことがあるかもしれません。

 

 

そして、オリンピック開催に伴い、モノレールなどの交通手段の整備が行われていることも注目すべきところです。
都心に近いものの、少し不便であるという声も聞く有明ですが、オリンピック開催に伴う開発で、都内各所へのアクセスも格段によくなるかもしれません。
あくまでも可能性としての話ですが、これから地価が高くなると言われているところですから、資産価値としてもマンションの購入は有益に働くかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?
タワーマンションの多い台東区は、東京にいながら自然と海を感じる事ができ、リラックスに最適な街です。
しかしそれでいて都会感を感じることもできますし、今後の発展を期待することもできる、これからへの期待値が非常に高い街でもあるんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る