全18回にわたって、東京23区の中でも人気エリアのタワーマンションのあるエリアについて、ご紹介行なっていますが、前回までは台東区、目黒区港区中央区についての紹介でした。
ここまでは台東区、港区、中央区と水辺のエリアのマンションを紹介することが多く、自然を感じられるマンションが多かったですね。

 

さて、今回から紹介を行なっていくのは、東京都内でも多くのオフィスや飲食店が軒を連ね、日本で最も多くの人が集結しているのではないか?とされるほど賑わいを見せる街・新宿区についてです。
新宿区というと新宿駅のイメージが強いものですが、そのエリアは意外と広く、東京に親しみがないと「ここも新宿?」と驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 

そんな新宿区で今回ご紹介するのは、新宿区内でも高層マンションが多く並ぶ「西新宿エリア」に建つ2つのマンション。
今回は新宿エリアでも最大級の戸数を誇る「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」と、その周辺エリアについてのご紹介です。

 

大江戸線都庁前駅より徒歩5分、丸ノ内線西新宿駅より徒歩6分と非常に交通アクセスに優れたエリアに位置する「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」。
西新宿、都庁前と聞くと高層ビルやタワーマンションが軒を連ね、自然とは無縁な洗練されたイメージを抱かれるかもしれませんが、「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」の場合は目の前に「エコギャラリー新宿」や「新宿中央公園」など、比較的自然を感じやすいのが大きな魅力です。

 

 

都内、中でも新宿のように人の多い街に住んでいると、時には喧騒を忘れて自然を感じたいなんてことも多いかと思います。
新宿区立の公園の中では最大規模を誇る新宿中央公園は、新宿区内にあるとは思えないほど緑豊かに整備されている公園で、芝生広場などは森林浴をするのに最適です。
立地上人が少ないということはなかなかありませんが、ゆっくり緑を眺めたいというときにはおすすめですよ。
お花見スポットとしても有名で、マンションの中でもお部屋の方角次第では窓から公園の桜を見て楽しむということも可能でしょう。

 

公園内にはいくつもの広場が設けられていますが、お子様連れにとって嬉しいのがちびっこ広場です。
ちびっこ広場の中には滑り台やブランコといった一般的、王道とも言えるような遊具はもちろん、夏季にはじゃぶじゃぶ池が開設されます。
じゃぶじゃぶ池は小さなお子様だけが安全に楽しめるよう、エリア規制が行われている時間もありますし、近くにこういった公園があるとお子様に自然を感じてもらうこともできて嬉しいですよね。

 

また、公園内には多目的運動広場やフットサル施設が設けられているので、休日に少し体を動かしたいという方にもおすすめです。
近くの公園で友人同士で体を動かしあってから、マンションに戻ってシャワーを浴びてホームパーティーを行う、なんてプランも素敵ですよね。
新宿エリアの夜景を眺めながらのホームパーティーは、雰囲気満点でおすすめですよ。

 

新宿中央公園の中でも象徴的なのが、公園中心部にある水の広場で、ここには「ナイアガラの滝」と称した小さな水場が設けられています。
この広場はピクニックランチやフリーマーケットなど、イベントが開催されていることも多いです。
休日に気分転換にこういったイベントを見てみるというのも良いかもしれませんね。
イベントがあると近隣の駐車場を利用できるのかということが気になりますが、徒歩圏内である新宿中央公園であればその心配が必要ないのも嬉しいです。

 

 

次回も引き続き、新宿区の中でも人気エリアである西新宿エリアにあるタワーマンションと、その周辺の環境についての紹介を行なっていきます。
あわせて参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る