全18回にわたって、東京23区の中でも人気エリアのタワーマンションのあるエリアについて、ご紹介行なっていますが、前回までは台東区、目黒区港区についての紹介でした。
人気エリアにあるタワーマンションは、どれも都内にありながら自然を感じられることができ、魅力的なエリアにあることが多かったですよね。

 

今回から紹介していくのは、中央区にあるタワーマンションの周辺環境についてです。
中央区はオフィス街のイメージが強く、これまでに紹介してきたエリアのように高級なイメージも強いものですよね。
中央区の紹介第1回目となる今回は、タワーマンションも多いエリアとして名高い「勝どき」エリアにある「THE TOKYO TOWERS」についてのご紹介です。

 

 

マンションの周辺環境を気にする際には、自然などをはじめとした街の雰囲気を気にされることも多いと思いますが、欠かせないのが施設についての確認です。
食品を購入するスーパーなどはもちろん、病院、コンビニ、ショッピングモール、学校や駅までの距離など、様々な施設環境が気になりますよね。
この「THE TOKYO TOWERS」では、なんと1階部分にマルエツが設置されており、0?5歳児のお子様を預かる保育所まで設置されています。
マルエツは食品から日用雑貨まで幅広く揃えらているうえ、24時間営業となっているので、足りないものがあればすぐに買い足しに行くことができるでしょう。
保育所に関しても、昨今の待機児童問題を考えると非常にありがたいところですよね。
歯科・内科・小児科を診察科目としているクリニックもあるとのことで、急な病状にも対処できるでしょう。

 

 

周辺の施設についても、勝どきのタワーマンションの中でも最大規模である「THE TOKYO TOWERS」の周りには様々な施設が集中しています。
中でもお子様がいらっしゃる方にとって嬉しいのが、区立豊海児童公園、区立豊海小学校・幼稚園、区立豊海運動公園などの存在でしょう。
マンションを出てすぐのところにある2つの公園は、植樹などもしっかりされていることから自然を感じたり、元気よく遊びまわるには最適です。

 

2つある公園の中でも魅力的なのが、豊海運動公園で、こちらは滑り台などの一般的な遊具はもちろん、テニスコートや野球場なども備えられている大規模な公園になっています。
遊具は一般的なものがほとんどですが、小さなお子様が楽しく遊ばれるには十分なものが揃えられていますよ。
また、豊海運動公園にはバーベキュー場も備えられていますので、夏シーズンには家族や友人とバーベキューに興じるなんてことも可能でしょう。
公園からはレインボーブリッジを望むこともでき、夜景なども非常に素敵なものになっていますよ。

 

 

さて、中央区という立地から都内の各所へのアクセスに優れているということも大きな魅力です。
「THE TOKYO TOWERS」から最寄り駅である勝どき駅までは徒歩5分ほど、勝どき駅まで出れば新宿や六本木などへ乗り換えなしでアクセスできます。
勝どきは水辺の街ですから、散歩がてら汐留や築地まで出て行くということも可能かもしれません。
オフィスが汐留にあるという方は電車はもちろんですが、気分転換をしたい、あるいは定期的に運動をしたいという方は徒歩で通勤するということもできますね。

 

いかがでしたか?
次回も引き続き、勝どきエリアにあるタワーマンションである「ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」とその周辺施設についてご紹介して行きたいと思います。
同エリアですが少し離れたところにあるので、勝どきエリアについて知りたいという方は、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る