年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
佐藤 亮介さとう りょうすけ

セットバックと私道負担(その1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年4月9日

道路が4m未満の土地または一戸建の購入を検討するとき、「セットバック」という言葉が出てきます。
建築基準法第42条第2項道路(道路幅員4m未満の道路)に面する土地・戸建で、建物を建築するまたは建替える場合、道路中心線より2mの位置まで敷地を後退させる必要があります。このことをセットバックといい、従前の道路境界線から後退した面積がセットバック面積といいます。

何だか難しいようにおもえますが、【道路中心から2m後退すること=セットバック、従前より後退した部分の面積=セットバック面積】です。

後退した線より内側が建物を建てられる面積(有効宅地面積と言ったりします)です。大切なのはこの面積です。
販売図面で「土地面積100㎡、セットバック約7㎡あり」という表示の場合はどう読むか。
例えば、下の図面のように「土地面積100㎡、セットバック約7m含む」という書き方ならわかりますけど。

 

こんなときREDSエージェント佐藤にお気軽にお問い合わせください。測量図を取り寄せ、土地の有効宅地面積を確認し、わかりやすくご説明いたします。

カテゴリー:

購入・売却のフォームへの遷移版 購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る