最近スポーツの指導者のモラルが問題になっています。

前から思うのですが、例えば指導者が子供に手を出すことについては疑問が多くあります。

指導者が子供に自分の技術・思想等を教えることに対して、手を出さないと自分の意思が伝えきれないのでは問題外だと思います。

子供のスポーツの場は、人生の困難にぶつかった際に励みや糧になり、必ず打開できるだけの精神力を鍛える場だと思っております。

言ってしまえばスポーツを教えることに暴力は必要ないですし、たかがその程度の指導力で未来ある子供の指導をして欲しくないです。

指導者と子供との間の距離感は、情報の伝達不足。

「いつ」、「どこで」、「なにを」しなければいけないのかを上手く伝えきることが出来る指導者が名伯楽だと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る