昔、スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査をしたことがあります。

 

スウェーデン式サウンディング試験とは地盤調査方法のひとつで、もとは鉄道の路盤調査に採用されたのが始まりですが、今では、ほとんどの戸建住宅向けに行われる地盤調査方法です。

 

鉄の棒(ロッド)の先端にスクリューポイント(ドリルの刃みたいなもの)を取り付け、段階的に100㎏までの重りを載せていき、重りの荷重で地面に貫入しなくなったところから、回転を加えていきます。

 

25cm貫入するのに何半回転するかを数えながらロッドを継ぎ足していき、硬質な層に達するまで試験を続けます。

 

硬質な層がないと深さ15mくらいまで試験を続けることもあり、1回の調査で4~5箇所を調査するため、かなり大変でした。

 

ボーリング調査のように土のサンプルは採れませんが、ロッドを貫入させるときの音で土質を推測できたり(サウンディング試験の所以)、測定孔から地下水位を計測したりします。

 

この試験結果をみて、必要な地盤改良工事(鋼管杭・ソイルセメント・表層改良等)が決定されますので、大切な調査です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る