仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

現在三井不動産さんが開発されている場所の一つに日本橋エリアがありますが、その再開発プロジェクトの完成済複合施設に「コレド室町」があります。

 

「コレド」はCORE(中心)とEDO(江戸) で「 江戸の中心」を意味する造語で、コレド1~3と福徳神社隣接のスペース・福徳の森の4エリアに分かれた複合施設です。

 

この計画は、ただの開発ではなく、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をコンセプトにしている再生計画で、伝統を残しながら昔の賑わいを蘇らせていく一連のプロジェクトを、独自に進行していらっしゃいます。

※本ビルとその周辺の街の雰囲気がとても良く、是非散策をおすすめしたいエリアです。

 

そんな意図が身近に感じられるスポットがコレド室町2にあり、実際体験してまいりましたので、ご紹介させて頂きます。

 

日本橋というと、江戸の商業・経済・文化の活気ある中心地だった場所というイメージがあります。そんなイメージの世界にスムーズに入っていける、現代の日常と日本伝統芸能の架け橋になってくれるような場所が、コレド室町2のB1Fにある「水戯庵」(すいぎあん)です。

 

ここは、日本橋の老舗・名店の食事やお酒を楽しみながら、店舗中央にある舞台で、能や狂言などの伝統芸能を間近で見ることの出来る新感覚の劇場型レストラン&ラウンジです。

 

私の妻の知人の方からのご紹介で行かせて頂いたのですが、その時には能(観世流)の武田文志(たけだ ふみゆき)さんの舞を見せて頂きました。演目の後には、能の見方や、どういうストーリーだったのかを解説して頂き、独特な能の世界観をわかりやすく、丁寧に教えて頂きました。(演目が終わった後、全ての席に直接ごあいさつに来て頂き、色々とお話をされるスタイルにされていました。能の魅力をより多くの人に伝えたいという気持ち・気概を感じました。)

 

今までの能に対するイメージとしては、非常に限られた方(日本の伝統芸能を愛する方だけ)が嗜好する難解な芸術という感じで、自分にはご縁がないものだと思っていましたので、初めてその世界に触れ、とても新鮮な体験になりました。

 

能は、基本的に面をして舞うため、顔の表情は見えず、身体のうごきや、間や、歌のトーンなどで物語を表現しています。歌っている(というか唱えている?) 言葉は古語なため、文章の内容はわからないのですが、手や体の動きで空気の圧を感じさせるような、独特の間や迫力があり、特にこの「水戯庵」はどの席にすわっても、間近で演者の方を見ることが出来るため、充分体感・堪能出来る舞台になっています。

 

その後、武田文志さんには、GINZASIXにある「観世能楽堂」での公演にもお誘い頂き、より本格的な大きい舞台でも能を鑑賞させて頂きました。(その舞台では、野村萬斎さん親子が出演された狂言も見ることが出来ました。)

フェイスブックで、夫婦共々お友達になって頂き、より能の世界が身近になりました。

 

芸術の秋に、お洒落な空間で、大人になってからの伝統芸能体験はいかがでしょうか?是非おすすめいたします。

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る