手数料が《割引さらには無料》【REDS】冨永 (とみなが) です。

常に『誠意』『笑顔』『感謝』で仕事をしております。

マイホーム購入は価格の大きなお買い物になりますから、
少しでも住宅ローンの負担額を減らすために
なるべく安く買いたいと思うのは当然のことだと思います。

そこで、よくある質問…
「どれくらい下げられると思いますか?」にお答えしたいと思います。。

私も長い間この仕事に従事していますので、大きな価格交渉も通してきた経験はあります。

例えば…

1億1640円 ⇒ 9300万円
5,680万円 ⇒ 5,000万円
4,480万円 ⇒ 4,000万円 などなど。

これを見ると、是非、アノ物件も大幅値下げしてよ!
と言われてしまいそうですが、大きな値下げが成功したのは ミニバブル崩壊時、東日本大震災後、売主様の決算期、売主様のやむを得ない事情などの特殊事情があった場合になります。

通常は、物件価格の5%を超える金額で交渉しますと そのままシュレッターにかけられてしまったり、 怒られてしまう可能性が高いと言えます。

そのため、売主様が価格交渉に応じてくれる 可能性があるかどうかの感触を掴み、まずは交渉の土台に乗る金額を探る必要があります。

その感触次第で100万円未満の部分を狙うのか、5%に近い金額を狙うのか、もっと大きな金額を狙うのかを考えています。

住宅ローン    

ちなみに

・ご内覧件数がとても多い。
・既に住宅ローンの審査を進めている人がいる。
・明らかに相場より安い。
・物件が出ないエリアの希少物件。

など、人気物件であることが判明しましたら、物件を抑えることを優先して価格交渉しないことを お勧めすることもよくあることです。

安く購入することばかりに意識を取られず、そのマイホームを手に入れたことで得られる家族の笑顔も考えて判断した方が ハッピーな結果になる事が多くあります。

最後に価格交渉の“限界目安値”を“参考”に書かせていただきます。
5,000万円台なら200万円+端数
7,000万円台なら300万円+端数
このあたりが一般的な物件での交渉限界値かと冨永は、思います。

何度も言いますが、“目安”ですから、 仮にお値引きが叶わなくても冨永を叱らいでくださいね。

相談は、メールなら24時間受け付けております。

今ならご売却のご相談も冨永ご指名で絶賛受付中ですお問合せはお早めに。

もちろん土・日・祝日も営業しています。

どうぞお気軽にお問合せください。

 

優秀なエージェントを揃えてお待ちしております。

なんと冨永(トミナガ)でも指名料はかかりませんwww

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

仲介手数料が割引とか無料とかは「???」と思っていませんか。

「仕事がいい加減なんでしょ」、「別にかかる費用があるんでしょ」、「そんなうまい話があるわけない」と思っていませんか?

今までレッズ、【REDS】をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、皆さま初めはそう思っていたと思います。

それでも、、「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果が、お客様の声に集められています。

手前みそですが、びっくりするくらい大絶賛です。

どうぞ、ご自身の目でご覧になってみてください。

信じるか信じないかはあなた次第です。 。

次は、あなたの番かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る