仲介手数料最大無料・割引【REDS】不動産流通システムの小林です。

先日、物件のご案内で久しぶりに「豊洲」へ行ってきました。

 

ご案内させていただいた物件は有楽町線「豊洲」駅至近のビンテージ感漂うマンション。。

 

いや~、遠目には月島、晴海のタワーマンション群!

 

この新旧のコラボがたまらない景色でした。(※手前に見えるのは豊洲公園です)

 

↓ご参考までにご見学しましたマンションから月島、晴海方面を一望した景色がこれです↓

    

 

さて、ご見学の詳細はさておき、本日は久しぶりに訪れた豊洲についてのちょっとした出来事をお話します。

 

今回私がお邪魔したエリアは、豊洲駅周辺、大きな目印としては、2つ。

 

豊洲公園と、ららぽーと豊洲のあるエリアでございます。

 

ちょうどその日は日曜日ということこもあり、ここはリゾートアイランド状態!

 

そんな楽しそうな雰囲気溢れるエリアを傍目に、ご見学の時間まで少し余裕がありましたので、

そこは、不動産営業マン!ぶらぶらと近隣を探索しておりました。

 

そこへ突如現れた工事現場の囲い込みの掲げられたこの看板!

 

そう、皆さんも街を歩いているときに、一度や二度お目にかかったことはあると思います。

 

どれどれ…(記載内容をしばし熟読)

 

おっと、また豊洲のランドマークになりゆる電鉄系の東〇が分譲するタワーマンション(1152戸)をと核した商住複合開発とのこと☆

 

その脇にある定番のリーフレットボックスからリーフレット(これまたデべの気合を感じるA2程度のビックサイズ!)を手に取りながら、読み進めると、正直、我ながら

 

気持ちがそそられました!

 

凄い!😲これはよさそうだ!!(本日の目的は忘れておりませんのでご安心を)

 

まさに港に隣接する、横浜のMM21さながらの全体像。

 

そして私のお気に入りの天王洲アイルにある

ランドマーク的存在の“T.Y.HARBOR”を彷彿させるポートサイドの作りこみ。

 

    

 

いや~、ごちそうさまでした☺

 

普段何気に目にしている、工事現場に掲載されているこの看板。

 

本来の目的は、建築計画を事前に公開することで、紛争の予防に努めることにより、良好な近隣関係を保持することです。

 

もし街を歩いているときに、この看板に出会えたなら、

少し立ち止まってみるのもいいかもしれません。

 

工事フェンス一枚隔てた向こうで行われてる、

 

街の魅力を今よりもさらに高め、期待を持たせてくれる新たにうまれる建物にワクワクしながら。

 

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る