東京23区といえば、日本の首都である東京の中心であるだけあって日本でも多くのお金持ちの方が住んでいるイメージがあるという方もいらっしゃると思いますが、その中でも特にお金持ちが住んでいる区といえば、どういったところなのでしょうか?
まず、飛び抜けて高級なイメージがついているのは家賃相場、平均所得などのお金持ちイメージに強い関連が強そうなデータで1位を取り続けいている港区で、南麻布や南青山、六本木、赤坂、高輪、元麻布、西麻布、白金など高級なイメージの強い土地が多くあり、広大な一戸建てに住んでいるという方も多くいらっしゃるようですよ。
続いて挙げられるのが、港区ほどではありませんが深沢や等々力、奥沢、代田などのブランドエリアを有している世田谷区で、こちらも「お屋敷」と呼べるような立派な日本家屋が数多く存在し、通勤のために黒塗りの車が数多く走っている…なんてこともある、すごい街になってます。
広尾や神宮前などを有する渋谷区も、マンションや一戸建てともに多く存在しており、かつまだまだ開発が進んでおり、価格は最低でも1億円以上とされているような物件が数多く並んでいますから、これらのブランドエリアに住むとなると、お金持ちにしか住むことができなさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加