【REDS】不動産流通システムの高須です。

 

寒い日が続きますね。

 

みなさま、お身体にはくれぐれもご自愛くださいませ。

 

 

さて、先日は「戸建てかマンションか」に関するブログを僭越ながら書かせていただきました。

 

今週はよく論じられる「賃貸か不動産購入かのどちらが得か」について考察していきたいと思います。

 

まず、賃貸メインに仕事をしている不動産屋さんは「賃貸のがいい!!!!!!」と声を大にして言うことでしょう。

 

次に、売買メインに仕事をしている不動産屋さんは「当然、買える時に買っておきましょう!!!!!!!」と声高に叫ぶはずです。

 

第三に、何にも考えていない不動産業者も(これ以上は自粛。笑)

 

 

結論から言えば立場立場によって意見は違うはずです。

 

いわゆるポジショントークです。

 

 

ここまで書いてしまってから気づきましたが、売買メインの不動産会社に勤務している私の意見を書きづらくなりましたが、老骨にムチ打ち書き進めて参ります(力こぶ)。

 

 

 

賃貸も不動産購入もメリット・デメリットがあるのは当然です。

 

まず今後の日本は急激な人口減少の影響で賃貸市場の価格が大きく崩れてくることでしょう(実際すでに2~3年前から顕著に崩れて始めています)。

 

そして空き家も増えてきます。

 

でもいまだに年を取ってから(高齢になってから)、お部屋を借りるのは困難な状態が続いています。

 

この傾向はこれからも続いていくと思っております。

 

高齢だからといってお部屋を借りれないのはなんとも世知辛い。

 

 

 

不動産購入に関してもお話をさせてください。

 

いま現在史上空前の低金利です。これを利用しない手はありません。

 

でも今の日本は先行き不透明な状態で30年を超える住宅ローンを組んで大丈夫なのか?等の不安もあるかと思います。

 

人間誰しも月日が経てば歳を重ねていきます。もしかしたら5年後に今の与信がないケースも大いに考えられます。となると不動産を買いたいと思った時に買った方がいい!ということになります。

 

先のことなど誰にもわかりません。いまもし買えるような状況ならば、さらに「買いたい!」と思える物件に出会えたとしたら、その時は買い時なのかもしれません。

 

 

少しでもお客様のご不安を取り除けるように、私自身さまざま勉強・ブラッシュアップをしていくつもりです。

 

 

今日書いた内容以外にも、ざっくばらに色々お客様にお伝えさせていただければ光栄でございます。

 

 

不動産売買のことでしたら、ぜひお気軽に仲介手数料最大無料の【REDS】不動産流通システムへご相談くださいませ。

 

 

経験豊富な弊社エージェントが誠心誠意ご対応させていただきます。

 

 

高須 直樹

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る