みなさん、こんにちは。

不動産を売るときも、買うときも、仲介手数料が《無料・半額》

REDSの落合(おちあい)です。

?

きょうは以前ふれました「自転車保険」で補償される「個人賠償」の話をしたいと思います。

?

・自転車に乗っていて人にケガをさせた、人のものを壊した。(他人)

のようなときに補償してくれる「個人賠償責任保険」ですが、自転車に限らず「日常生活全般」で補償されます。

?

賃貸でお住いを借りる場合に、ほとんどの不動産屋さんでは保険加入が条件になっています。

これは主となる「火災保険に入ってください。」というよりは、

それに付帯する2つの特約に入ることが目的になります。

1つ目は「借家人賠償特約」⇒これは大家さんに対する賠償に備えるものです。

2つ目は先ほどの「個人賠償責任特約」です。

?

私の代理店時代にあった実際の例をご紹介します。

?

(保険金お支払例その1)

・3階を借りている女性が朝、台所の水道を使おうと思ったら水が出ない。

・水道が止まっており、水道代を払っていないことに気付き、

?? コンビニに支払いに行った。

・そのあと、そのまま泊まりで遊びに行ってしまった。

・水道栓は開けっ放しだったため、水道が出っぱなしになってしまった。

・それにより、階下(1,2階)にお住いの方の家財道具等一式に

 水浸しの損害が出た。

※損害額は、1,2階の方の損害、一時避難のウイークリーマンション代と大家さんへの弁償を合わせて総額350万円の支払い。

?

(保険金お支払例その2

・朝、通勤時にアパートの自転車置場から自転車を無理やり出そうとした際に隣にあったオートバイを転倒させてしまった。

・所有者の人はわかっていたため、謝りに行き修理費の弁償を約束した。

・後日回ってきた修理の見積書は38万円

?

あまり身近ではそのようなことは起こらないと思っていましたが、保険業務に携わっていると実際には結構多いものなんだなぁとつくづく思いました。

?

また、「保険のお仕事」と「お住いのお仕事」で最近よく比較をします。

それは、「感謝」です。保険のお仕事でお客様に喜んでもらえるのは万が一のことがあり、保険金のお支払いがきちんとできた時です。

でも、ご契約者の方のほとんどは保険金のお支払い(万が一)がありませんので感謝されることはあまりありません・・・。

?

不動産のお仕事では、「いいお住いを紹介してくれた。」とか、「REDSさんで仲介手数料が半額で買えた。」とかお客様から喜んでもらえる機会もたくさんございます。

?

私の転職も、「たくさんのお客様に感謝されるような仕事がしたい。」が大きな理由でした。

?

不動産を購入、売却をご検討中のみなさんに少しでも感謝される仕事がこれからもできるように頑張ってまいりますので、

仲介手数料が《無料・半額》REDS落合(おちあい)をぜひよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る