26日(金)に日本テレビ系列で放送された「帰ってきた家売るオンナ」。

皆さん、ご覧になりましたか。

 

北川景子さん演じるスーパー営業ウーマン「サンチ―」こと三軒家万智が、お客様の人生に関わりながら抜群のセンスで家を売りまくる不動産仲介営業を題材にしたストーリーでありますが、連続ドラマに引き続き、今回も楽しく拝見することができました。

 

このドラマで気になるのがたくさんの名セリフ。

「私の仕事は家を売ることです!」

「私に売れない家はありません!」

 

今回もたくさんの名セリフ・決めセリフがありましたが、あらためて肝に銘じなければならないセリフが、仲村トオルさん演じる屋代課長が相談に訪れた工藤阿須賀さん演じる庭野に伝えたセリフ。

「家を売るという事は人生を売るという事。お客様は人生を懸けて家を買う。」

 

まさしくそのとおりです。

お客様は人生を懸けてお住まいを探しているのであり、我々不動産営業マンはそんなお客様のご要望に寄り添っていかなければなりません。

お住まい探しは人生の最大イベント、多くの不安やお悩みは付きものであります。

REDSの営業マンはそんなお客様のご要望に寄り添い、お客様の人生を諦めません。

お住まい探しで行き詰まったときは、どのようなご相談でも受け賜りますので、お気軽にお問い合わせください。

 

サンチ―のようなスーパー営業マンになりたい押田でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る